お知らせ_豊中市青少年剣道大会に関して

No Comments

4 月18 日と25 日に豊中市青少年大会が開催される予定です。それに先立ちまして【コロナ禍における試合・審判法について】のお知らせが届いていますので、共有します。


ポイントとしては以下の通りです
◆鍔迫り合いになったら、お互いの意思で分かれるように努める
◆どうしても分かれられない、または分かれる意識に欠けている場合は審判が
分かれをかける
◆それでも再三鍔迫り合いが行われる場合は審判が止めをかけ注意する
◆鍔迫り合いになった瞬間の引き技は認める
◆鍔迫り合いの分かれ際の打突は有効打突としない
◆一般については、どちらかが分かれる意思を見せた後に打突した場合や、
時間空費と見られる鍔迫り合い、再三の注意にも拘らず鍔迫り合いが行われ
る場合、反則を取ることがある

以下、参考資料です。
新型コロナウイルス感染症が収束するまでの暫定的な試合・審判法
審判法や試合法が解説されているYouTube 動画

第51回豊中市青少年剣道大会の概要は下記のとおりです

千里剣心会の試合参加メンバーについては、稽古時にお伝えします。

2021年3月の稽古

No Comments

近畿圏の緊急事態宣言が解除されたことを受け、3月は通常稽古に戻します。

ただし、引き続き感染防止の観点から、手洗い・うがいの励行、入館時のアルコール消毒、体調管理は各自が責任をもって行うようにして下さい。

また、3月は卒業式準備のため、14日と21日は体育館が使えないため、お休みとなります。


以下は、千里剣心会に関係する年間行事の予定です。 体育館が取れるまでは(予定)と書かれています。 体育館を確保した段階で(予定)を外します。

解除に伴う今後の稽古についてをおよび、稽古再開の手順ご参照ください。

★印がついている行事は、千里剣心会の公式行事もしくは、昇段目標とすべき行事予定です。 []内は主催団体名です。

昇級・昇段審査について

No Comments

最近の昇級審査・昇段審査のご報告

I君 1級合格

N君 初段合格

K君 初段合格

Sさん 初段合格

Sさん 三段合格

Mさん 五段合格(昨年まで千里剣心会に在籍したM先生も昇段を果たされたそうです)

※ 直近の昇級・昇段審査予定は下記の通りです。積極的に昇段を目指して稽古してください。受審希望者は指導責任者までご連絡ください。

初段・二段の審査予定

開催日令和3年3月28日(日)
会場おおきにアリーナ舞洲
申込期間令和3年2月15日(月)~令和3年2月27日(土)
※上記受付期間は予定です。現在実施の可否を検討中です。

三段・四段の審査予定

開催日令和3年3月27日(土)
会場はびきのコロセアム
申込期間令和3年2月15日(月)~令和3年2月27日(土)
※上記受付期間は予定です。現在実施の可否を検討中です。

2021年1月以降の稽古(2月は時短稽古です)

No Comments

稽古初めは1月10日(日曜)です。2月は緊急事態宣言を踏まえ、18時~20時までの時短稽古とします。

以下は、千里剣心会に関係する年間行事の予定です。

体育館が取れるまでは(予定)と書かれています。

体育館を確保した段階で(予定)を外します。

解除に伴う今後の稽古についてをおよび、稽古再開の手順ご参照ください。

★印がついている行事は、千里剣心会の公式行事もしくは、昇段目標とすべき行事予定です。 []内は主催団体名です。

新年のご挨拶_2021年

No Comments

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

千里剣心会 集合写真 2020年納会時撮影

新年を迎えるにあたって

 昨年(2020年)は、コロナウィルスの感染拡大懸念のため、通常の剣道稽古を出来ない期間が続き、皆、それぞれが大きな生活の変化を余儀なくされた年でした。コロナウィルスによる新しい生活様式への変化は依然として続きそうな情勢です。しかし、剣道を出来ない期間があったからこそ、あらためて剣道をしたいという気持ちに気が付いたり、取り組みの不足していた剣道形稽古に取り組むチャンスにつながったりと、悪いことばかりではありませんでした。

 こんな時にもかかわらず? いえ、こんな状況だからこそでしょうか。剣道を再開できるようになってから、千里剣心会では多くの新メンバーを迎えることが出来ました。本年も様々な環境変化に対応しながらも、各自が出来ることを頑張り、ともに助け合いながら成長していけることを期待しています。

 千里剣心会の初稽古は、1月10日(日曜)です。全員がそろって元気に稽古初めを迎えられるようにいたしましょう。

 以下、毎年のように年始に伝えている言葉を記します。全日本剣道選手権大会で3度の優勝を誇る剣道家の内村良一氏が語った言葉です。この言葉は、内村氏の師匠である森島健男先生のお言葉だそうです。森嶋師範は次のように言ったそうです。

剣道の修行は平凡なことの繰り返し。誰でもできることを誰もできないくらいやること。これが剣道の修行ですよ』

内村良一氏 / 剣道師範 森嶋健男 先生 https://the-ans.jp/ より

 素振りをするという単純な動作にも、初心者と熟達者には歴然とした違いがあります<この違いに気が付けることも大切です>。この誰もができそうな素振り(上手かどうかはともかく、竹刀を上下に動かすこと)という動作が、実は本当に難しいのです。「基本稽古が大切である」ということは多くの先人が語ってきたことですが、千里剣心会では、今年も基本に忠実であることを大切にしていきたいと思います。

 そして、技術以上に大切にしたいのが、剣道へ取り組む姿勢です。

 昨年は精勤賞を3名が受け取りましたが、今年は、精勤賞ではなく、皆勤賞(欠席無し)を目指して頑張ってもらいたいと思います。そのためには、風邪をひかないように体調管理することも大切になってくるでしょう。剣道の基本的な呼吸法(口呼吸しないこと)を身に付けていれば、風邪もひきにくくなります。日頃の生活で姿勢に気を付けていれば、病気にもなりにくくなります。

 今年も1年、よろしくお願いいたします。

Older Entries Newer Entries