全日本剣道連盟より、6月10日よりの稽古自粛解除のお知らせとコロナ感染拡大防止を踏まえた剣道の自粛解除ガイドラインが公表されました。

「対人稽古自粛のお願い」の解除

剣道の稽古がいわゆる「3密」に該当する恐れがあり、又新型コロナウイルスの感染源となりうる口からの飛沫飛散が非常に多いという事実を踏まえ、稽古再開へ向けてのガイドラインも出されていることから、千里剣心会では、ガイドラインに沿って稽古の再開を検討したいと思います。

 ▼ガイドラインの全文(詳細)
 『対人稽古再開に向けた感染拡大予防ガイドライン

面マスクの着用について

面マスクについては、千里剣心会の面タオルを各自1枚配布することとします。これまでに使っていた古い面タオルなどを面マスクに使うようにしてください。面マスクの作り方は、下記のとおりです。顔に巻き付けるためのひもは、次回の稽古時に先生の方で準備して持参しますので、まずは、一緒に面マスクを作り、三蜜を避けながら体を動かすところから稽古を再開いたしましょう。

稽古の再開日程は、別途、連絡いたします。再開にあたっては、いきなり面を付けての運動をすることはなく、最初は体力回復の準備運動から始め、ガイドラインにしがたい、本格的に依然と同様の稽古に戻るのには1か月近くの準備を経てからになると思います。

全てがこれまでと同じとはいきませんが、今できることを出来る限り実施するという気持ちで、剣道だけでなく、学校や家庭での生活も過ごすよう、心がけましょう。